料金相場から利用するレンタルサーバーを選ぼう

レンタルサーバーには、さまざまな価格帯のものが存在しています。まずは料金相場を参考にしながら、どのようなレンタルサーバーがあるのか把握することが必要です。また料金だけではなく、レンタルサーバーの内容に注目して選ぶことも欠かせません。

以下では、条件別に料金相場について考えていきます。自分に合ったレンタルサーバーを選ぶために、大切なポイントも見ていきましょう。

「perlの利用に対応したレンタルサーバーを選ぼう」

幅広い価格帯のレンタルサーバーが存在している

レンタルサーバーを利用するとき、料金に注目して選びたいという方も多くいるでしょう。そこで問題になるのが、利用できるレンタルサーバーには、幅広い価格帯のものが存在するという点です。無料で利用できるサーバーもあれば、月額8,000円以上かかるケースも見られます。

そのためレンタルサーバーの料金相場で考えた場合でも、200円~4000円というように金額には幅が見られます。

相場から考えたい場合、全体の相場ではなく条件別に整理していくことが大切です。

容量別に相場を考えてみよう

レンタルサーバーは、ディスク容量が多いものほど料金が高くなる傾向があります。そこでレンタルサーバーの相場について考えてみるなら、容量別に把握することも大切です。例えば10GBまでの容量であれば、100円~400円前後で利用できるケースが多くなっています。

20GBに容量が増えると、相場は1,000円~1,500円前後です。さらに100GBや400GBのような大容量のサーバーは、月額1,000円以上かかる場合もあります。

まずはどのくらいの容量のレンタルサーバーが必要か整理して、検討してみましょう。

サーバーの種類によっても料金は変わる

レンタルサーバーの料金を左右するのは、容量だけではありません。実はサーバーの種類の違いも、料金に影響するので注意しましょう。主なレンタルサーバーの種類には、共用サーバーや専用サーバー、VPSなどがあげられます。

共用サーバーは、1つのサーバーを複数の方が共用して利用するもので、料金は比較的安く設定されています。一方で専用サーバーは、1つの回線を1人で利用できるため、他のユーザーの使用状況が回線の負荷に影響する心配はありません。

ですが専用サーバーは料金が高めで、相場で月額10,000円以上になってしまいます。VPSは共用サーバーと専用サーバーの中間のような位置づけです。

初期費用も含めて考えること

レンタルサーバーの契約を検討している場合、月額料金にばかり注目してしまう方もいます。ですがレンタルサーバー導入時には、初期費用が発生するケースも見られます。料金について考えていくのであれば、月額料金に加えて初期費用がどのくらい発生するか確認することを忘れないようにしましょう。

月額料金が格安でも、初期費用が高い場合もあるため忘れずに確認することが大切です。実際にどのくらいの初期費用が発生するかという点は、利用する業者や契約するプランによって異なります。またキャンペーン開催時に契約することで、初期費用を無料にできるケースも見られます。

無料期間を活用して選ぼう

レンタルサーバーを利用したいと考えていても、契約してから相性が合わないと感じることがないか不安という方もいるでしょう。相性のいいレンタルサーバーを選ぶためにも、最初は無料期間を利用してみるのも1つの手です。

実はレンタルサーバーの中には、無料期間が設定されているものもあります。一定期間無料で試してみることで、サーバーの使い勝手が合っているか確認してから、本契約に進めます。実際にどのくらいの無料期間が用意されているかは、レンタルサーバーごとに違いがあります。

無料期間の利用条件にも違いが見られるので、概要を確認してからお試しで利用するようにしましょう。

状況に合ったレンタルサーバーを選ぼう

少しでもレンタルサーバーにかける費用を抑えたいなら、まずはどのくらいの容量のものが必要か整理するところから始めましょう。作成したいウェブサイトの内容に応じて、必要な容量の目安は変わってきます。文章のみでページ数も少ないサイトであれば、容量が少なくても問題ありません。

ですが画像やページ数も多いサイトの場合、容量が少ないと表示速度が遅くなる場合があるため注意しましょう。

サポート体制にも注目して選ぼう

安いレンタルサーバーを利用する際に注意が必要なポイントの1つが、サポート体制が整っていない場合もあるという点です。急にアクセス数が増えたなどの影響で、トラブルが起きてしまうこともあるでしょう。トラブルが起きてしまったとき、スピーディーに対応してもらえるサポート体制が整っているところであれば、何か問題があったときでもすぐに対処しやすくなります。

ですがレンタルサーバーのサポート体制は、24時間365日体制のところもあれば、平日の日中のみというケースも見られます。また電話ではなく、メールのみのサポートの場合もあります。このようにサポート体制は業者ごとに異なるので、安心してサポートを任せられる環境が整っているか考慮して、利用する業者を検討することも必要です。

複数のドメインを持ちたい場合

複数のサイトを管理するために、レンタルサーバーは複数のドメインが利用できるところを選びたいという場合もあるでしょう。1つのドメインのみのサーバーと比較すると、複数のドメインが利用できる場合は料金相場が高めになります。

まずは使いたいドメインの数を整理して、条件に合った形で利用できるレンタルサーバーを見つけるところから始めましょう。使いたいドメインの数やレンタルサーバーの容量の条件から、相場を比較して選ぶことも可能です。

「レンタルサーバーを乗り換えたからといってドメインが変わることはない」

機能の比較を忘れないこと

レンタルサーバーには、サイトの作成をサポートするさまざまな機能が用意されていることがあります。利用できる機能が多いほど、料金が高くなる傾向があるため注意しましょう。そこで機能と料金の問題を考えていくうえで、まずはどのような機能が必要になるのか整理しましょう。

バックアップ機能が必要か、求めるセキュリティレベルはどのくらいかという点は状況によって異なります。これから作るサイトの内容などを考慮したうえで、より良い形で運営するために役立つ機能が搭載されているレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

必要な機能を絞ることで、レンタルサーバーにかかる費用を抑えられます。

料金面から利用するレンタルサーバーを検討しよう

レンタルサーバーにかかる費用を少しでも抑えたいと考えているなら、まずは条件別に料金相場を考えてみましょう。サーバーの容量や種類などの違いによって、レンタルサーバーの相場は異なります。そこで利用したいレンタルサーバーの条件を整理して、その条件に合ったサーバーの相場を調べてみましょう。

月額料金だけではなく、初期費用も含めて考えていくことが大切です。