perlの利用に対応したレンタルサーバーを選ぼう

レンタルサーバーを選ぶポイントの1つが、使いたいプログラミング言語に対応しているかどうかです。ではプログラミング言語の1つであるperlには、どのような特徴があげられるのでしょうか。perlのメリットやデメリットから、実際にperlに対応したレンタルサーバーを使って、どのようにサイトを運用していけばいいのか考えてみましょう。

「料金相場から利用するレンタルサーバーを選ぼう」

レンタルサーバーごとに対応している言語に違いがある

利用するレンタルサーバーを選ぶ際に注意が必要なポイントの1つが、対応しているプログラミング言語には違いがあるという点です。特定のプログラミング言語を使いたいと考えている場合、その言語に対応しているか確認してから、利用するレンタルサーバーを決めるようにしましょう。

perlは多くのレンタルサーバーが対応しているプログラミング言語ですが、実際に利用する場合には注意が必要なポイントもあります。注意するポイントも含めて利用を検討することで、より良い形でperlに対応したレンタルサーバーを使ったサイト作りを進めることにつなげられます。

perlの特徴を考えよう

プログラミング言語の1つであるperlは、テキスト関連の操作を主な目的として開発されています。そのため検索や抽出、置き換えなどのテキスト関連の処理をする場合に適しています。テキスト関連の処理を目的としてレンタルサーバーを使いたい場合、perlに対応したものを選ぶ方が多くなっています。

1987年にアメリカのラリー・ウォール氏が一般公開したもので、開発から長い期間経っても利用者が多いという特徴があげられます。ちなみにperlは、真珠を意味する「pearl」に由来して名付けられています。

先に「pearl」という別のプログラミング言語が誕生していたことで、perlという名前が付けられました。

歴史が長いことならではのメリット

古くから使われているperlに対応しているレンタルサーバーを選ぶメリットの1つが、情報収集がしやすいことです。

歴史が長いことで、perlのサンプルコードなどの情報も調べやすくなっています。そのためプログラミングの経験が浅い方であっても、perlのサンプルコードを検索しながらサイト作りを進めやすくなります。perlに対応したレンタルサーバーを選ぶか迷っている場合には、1度perlについて調べてみて情報を集めるのも1つの手です。

実際に使っている人の情報やサンプルコードなどを参考にして、自分が求めるサイト作りができそうか考えてみましょう。

多くの環境で利用可能

プログラミング言語を利用するときに注意が必要なポイントの1つが、利用する環境によっては対応していないケースもあるという点です。perlは、幅広いOSに対応していて、Linuxであればデフォルトでperlがインストールされている場合が多くなっています。

Windowsの場合、「Active Perl」をインストールすることで、すぐにプログラムが作れる環境を整えられます。利用したいレンタルサーバーがperlに対応しているかどうかだけではなく、自分が使っているパソコンでperlを利用できる環境が整っているか最初に確認することを忘れないようにしましょう。

最大のメリットはテキスト処理関連の機能が多いこと

perlのメリットを考える際に無視できないポイントとなるのが、テキスト処理関連の機能が豊富に揃っているという点です。ほかのプログラミング言語だと、対応できないもしくは複雑なコードになってしまうような場合であっても、perlならシンプルかつわかりやすいコードでプログラムを作成できる場合もあります。

実際にperlを利用したいと考えているなら、最大の強みであるテキスト処理関連の機能が豊富という点を活かして運用できるようにしましょう。

モジュールが充実しているので始めやすい

レンタルサーバーでperlを利用したいと考えていても、ゼロからプログラムを作るのは手間も時間もかかる作業です。そのような場合で注目するべき点の1つが、perlでは多くのモジュール(ライブラリ)が用意されているという点です。

豊富なモジュールを利用することで、すぐにやりたい作業を開始できます。データベースとのやり取り、HTMLファイルの操作など用意されているモジュールを利用して、効率よく作業を進めていきましょう。

コンパイル言語との差に注意しよう

レンタルサーバーでperlを利用する場合、注意が必要なポイントの1つがパフォーマンスの問題です。

スクリプト言語であるperlは、コンパイル言語と比較すると処理速度は劣っています。特に複雑もしくは膨大な量の計算が必要という場合には、処理速度の差を感じやすくなるため注意しましょう。処理速度に差があるといっても、スペックのいいレンタルサーバーなどを利用する場合には、違いをほとんど感じることなく利用できます。

そこで処理速度の問題が気になるという場合には、利用するレンタルサーバーのスペックなどに注目するようにしましょう。

処理速度を比較してレンタルサーバーを選ぼう

perlに対応しているレンタルサーバーごとに、処理速度に違いが見られます。処理速度が速い環境を選ぶことは、サイトのアクセス数を増やすためにも必要なポイントの1つです。そこでレンタルサーバーの利用を考えているのであれば、処理速度を比較するのも1つの手です。

実際にどのくらいの処理速度で実行できるかという点は、レンタルサーバーの比較サイトなどを参考に情報を調べることも可能です。ただし処理速度が速いレンタルサーバーを選んでも、負荷が大きいと処理が遅くなってしまうケースも見られます。

処理だけではなく、サイトの内容に合った容量のレンタルサーバーを選べているかという点も処理速度に影響すると押さえておきましょう。

利用者の評判を参考にレンタルサーバーを選ぼう

perlに対応しているレンタルサーバーだけでも、さまざまな種類が存在しています。利用するレンタルサーバーを選ぶうえでは、処理速度だけではなく、メモリやセキュリティ機能、無料のお試し期間が用意されているかなどさまざまなポイントの確認が必要です。

1つずつの点を押さえて確認していくことで、自分に合った環境で利用できるperlに対応したレンタルサーバーを選ぶことにつながります。レンタルサーバーを使って作りたいサイトによって、適したサーバーは変わってきます。

まずはどのようなサイトを作りたいのか方向性を決めて、目的に合った形で利用できるレンタルサーバーを探しましょう。

メリットからperlに対応したレンタルサーバーの利用を考えよう

レンタルサーバー選びで迷っているなら、テキスト処理関連の機能が充実しているperlを選ぶのも1つの手です。

perlにはテキスト処理関連の機能が豊富なことに加えて、歴史が長くサンプルコードを調べやすいなどのメリットがあげられます。快適な処理速度で利用したいのであれば、レンタルサーバーにおけるスペックや容量などに注目して選ぶことも必要です。