レンタルサーバーで短縮urlを利用するメリットを考えよう

レンタルサーバーを利用した際、サイトのURLが長いと感じたことがある方もいるでしょう。もしもURLが長いと感じているのであれば、短縮urlを利用するのも1つの手です。

では短縮urlで短いものを入手することには、どのようなメリットがあげられるのでしょうか。レンタルサーバーで短縮urlを利用することについて、デメリットも含めて考えてみましょう。

「perlの利用に対応したレンタルサーバーを選ぼう」


そもそも短縮urlは何か?

レンタルサーバーを使っているとき、URLが長いと感じた経験がある方もいるでしょう。文字数の多いURLをデータベースに保存して、文字数の少ないURLに置き換えたものが短縮urlです。基本的に短縮urlは、自動生成ができるものですが、文字列のカスタマイズや独自ドメインの利用などができるケースも見られます。

つまりURLを縮めて使えるようにするだけではなく、好きな文字列を指定して短くできるのも短縮urlならではの特徴だと押さえておきましょう。

「レンタルサーバーを乗り換えたからといってドメインが変わることはない」

SNSにURLを投稿しやすくなる

収益のためにレンタルサーバーを利用してサイトを作成する方も多くいます。そのような場合、少しでもアクセス数を増やすために、対策をとることが収益を上げるために必要なことです。ですがサイトの宣伝のためにSNSに投稿しようと思っても、URLが長いと文字数制限があるSNSへの投稿が難しくなる可能性もあります。

そこで短縮urlを利用することで、文字数制限があるSNSであっても、URLを掲載してサイトのアクセス数を増やす対策をしやすくなります。またスマホなどの小さな画面だと、URLが長いと画面にURLしか表示されていないような状態になるケースも見られます。

短いURLは、画面がURLでいっぱいになる状態を防ぐうえでも役立ちます。

リンク切れの防止にもつながる

文字数の多いURLを利用するデメリットの1つが、途中で誤って改行してしまうと、正しく認識されない場合もあることです。URLは合っていても改行が原因で認識されないと、リンク切れと表示されてアクセスしたいサイトにたどり着けない可能性もあります。

そこで短縮urlを利用すれば、途中で改行が入るリスクも低いので、リンク切れによるアクセスできない状態を防ぐことにつながります。リンク切れの問題は気づかないうちにアクセスしてもらえるチャンスを逃している可能性もあるため、サイトを運営するうえで注意が必要なポイントの1つです。

クリック数の計測ができるのもメリットの1つ

レンタルサーバーを利用してサイトを運用する場合、どのくらいのアクセス数があるのか分析することも重要です。

アクセス数の状況によって、サイトが収益につなげられているか定期的に分析していく必要があります。短縮urlを活用すると、リンクのクリック数の計測がしやすくなります。利用する短縮urlのサービスによっては、リンクのクリック数の計測や解析だけではなく、QRコードの作成ができるケースも見られます。

アクセスを解析するためのツールを使わなくても、分析を行えるのが短縮urlならではのメリットだと把握しましょう。

サービスの終了に注意して利用しよう

短縮urlを利用したいと考えている場合、いくつか注意が必要なポイントが存在しています。その注意点の1つが、短縮urlサービスが終了してしまうと、リンク切れが発生するリスクがあるという点です。リンク切れの状態が発生してしまうと、サイトへのアクセス数が大幅に減少するなど、レンタルサーバーを利用しているサイトの収益に大きく影響するかもしれません。

ですがサービス終了によってリンク切れが発生するといっても、突然終了するのではなく、終了までにある程度の期間が用意されているケースが多くなっています。運営側からサービスの終了がアナウンスされたら、別の短縮サービスの利用やURLの再設定などを行ってリンク切れを防ぐことが大切です。

ユーザーに警戒されることもある

短縮urlの利用で注意が必要なポイントの1つが、短縮urlだけを見ると安心してアクセスできるサイトかユーザー側が判断しにくいことです。実際に短縮urlを見てどのようなサイトかわからないと警戒されてしまうと、アクセスしてもらえないリスクがあります。

そこでユーザーから警戒されるのを防ぐために、短縮urlだけではなく、リンク先のサイトの情報を一緒に記載しておくのも1つの手です。安心してアクセスできるサイトだとユーザー側に伝えることができれば、警戒されるリスクを減らし、アクセスしてもらえる可能性を高められます。

表示速度に注意して利用しよう

短縮urlを利用する場合、そのサービス専用のサーバーを経由してサイトにアクセスできる仕組みになります。サイトのアクセス時に必要な処理が増えてしまうため、サイトの表示に時間がかかるケースも見られます。極端に表示される時間が遅くなってしまうと、サイトにアクセスしてもらえるチャンスを逃すリスクもあります。

実際にどのくらい表示が遅くなるかは、サイトの重さや利用する短縮urlのサービスによって異なります。実際にどのくらいの影響があるか考慮してから、短縮urlの利用を検討しましょう。

利用する短縮urlサービスを選ぼう

実際に短縮urlを利用するうえでは、さまざまなメリットやデメリットが存在しています。メリットを活かしながらより良い形でサービスを利用するために、どのような短縮urlサービスを利用するかが大切なポイントの1つです。

そこで実際にサービスを利用するときには、料金やサーバーへの負荷、サービスごとの特徴などを比較しましょう。サービスごとの特徴を押さえることで、サイトへの影響が少ない形で短縮urlを入手できる可能性が高くなります。

比較して利用する短縮urlサービスを選ぼう

短縮urlサービスの利用を検討しているなら、どのようなサービスの選択肢があるのか把握することが最初の一歩です。サービスごとの違いに注目して比較することで、相性の良い短縮urlサービスを選ぶことにつながります。

例えば短縮urlでは、自動生成が行われるものもあれば、自由に文字列を決められるタイプもあります。また無料で利用できるプランと有料のプランで内容を変えているケースも見られます。利用する短縮urlサービスで迷ったら、口コミを比較するのも1つの手です。

口コミで利用者が感じている短縮urlサービスごとのメリットを比較し、レンタルサーバーで使うのに合ったサービスを探しましょう。

短縮urlを利用してサイトの運営を行おう

レンタルサーバーでサイトを運営しているとき、URLが長いとSNSに投稿しにくいなどのデメリットにつながることもあります。そこで短縮urlを利用することで、URLをSNSに投稿しやすい、リンク切れを防げるなどのメリットにつなげられます。

実際に短縮urlを利用するメリットやデメリットを確認しながら、運営したいサイトに合った形で短縮urlを利用できるように考えてみましょう。